Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングの届け出状況、1月に続き2月も高い水準で推移

フィッシング対策協議会は、2月におけるフィッシング情報の届け出状況をとりまとめ、月次報告書を発表した。

フィッシングメールの届け出件数は31件で、前月より1件減少したものの、先月に続き過去1年の平均を上回った。フィッシングメールの件数は18件で前月の15件を上回り、過去1年の平均と比較すると2倍以上の水準となっている。

一方フィッシングサイトについても、6件だった1月から大幅に上昇して14件となり、2008年3月以来の大量発生となった。ブランド名を悪用された企業も5件から9件へと上昇した。

英文のフィッシングメールは、「Hang Seng Bank」の従業員を騙り、400万ドルが手に入るなどして個人情報を入力させようとする手口や、「PayPal」を偽装した攻撃が複数確認されたという。

一方日本語で記載されたフィッシング攻撃としては、「Yahoo!オークション」をかたるメールを送信し、会員情報を入力させるフィッシングサイトへ誘導するケースが再び報告されたほか、金融機関である「CITIBANK」や、エンターテインメントサイト「Livly Island」を偽装した攻撃が発生している。

(Security NEXT - 2009/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
フィッシング報告数、前月比約2.3倍に - 悪用URLの増加は限定的
フィッシングサイトのURLが前月比約1.2倍に - 悪用されるブランドも増加
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
精巧なネットバンクの偽アプリ、見た目で真偽の判断つかず