Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングの届け出状況、1月に続き2月も高い水準で推移

フィッシング対策協議会は、2月におけるフィッシング情報の届け出状況をとりまとめ、月次報告書を発表した。

フィッシングメールの届け出件数は31件で、前月より1件減少したものの、先月に続き過去1年の平均を上回った。フィッシングメールの件数は18件で前月の15件を上回り、過去1年の平均と比較すると2倍以上の水準となっている。

一方フィッシングサイトについても、6件だった1月から大幅に上昇して14件となり、2008年3月以来の大量発生となった。ブランド名を悪用された企業も5件から9件へと上昇した。

英文のフィッシングメールは、「Hang Seng Bank」の従業員を騙り、400万ドルが手に入るなどして個人情報を入力させようとする手口や、「PayPal」を偽装した攻撃が複数確認されたという。

一方日本語で記載されたフィッシング攻撃としては、「Yahoo!オークション」をかたるメールを送信し、会員情報を入力させるフィッシングサイトへ誘導するケースが再び報告されたほか、金融機関である「CITIBANK」や、エンターテインメントサイト「Livly Island」を偽装した攻撃が発生している。

(Security NEXT - 2009/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
2016年3Qのフィッシング、3四半期連続で20万件超
2016年4Qのフィッシングは28万件超 - 過去2番目の規模