Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフト、ハードの両方で暗号化するUSBメモリを発売 - ハギワラシスコム

ハギワラシスコムは、ソフトウェアおよびハードウェアによる暗号化機能を搭載したUSBメモリ「Password Locker AES」を発売した。

同製品は、利用するPCへソフトウェアをインストールせずに、データを暗号化して保存するUSBメモリ。同シリーズでは、1Gバイト(3400円)をはじめ、16Gバイトまで容量の異なる5製品を用意している。

同製品は、パソコンのUSBポートへ接続すると、Windows向けパスワードロックソフト「Password Locker」が自動立ち上がり、パスワード入力画面を表示。AES 128ビットによる暗号化を行った上でデータを保存することが可能。さらにメモリチップ上へ書き込みを行う際にもハードウェアによりAES 256ビットの暗号化が行われる。

不正アクセスを防ぐためパスワードの入力回数制限を設けており、入力を5回誤ると初期化しなければ利用できなくなる。また指定したパソコン以外に接続された場合、読み出し専用モードで動作するため、USBメモリ経由のウイルスの侵入を防止できるという。

ハギワラシスコム
http://www.hscjpn.co.jp/

(Security NEXT - 2009/03/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
ふるさと納税書類を誤送付、システム設定ミスで - 川南町
「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず