Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバやクライアントPCの管理ソリューションの最新版 - シマンテック

シマンテックは、サーバやクライアントPCなどIT資産の管理を実現する「Altiris Client Management Suite 7.0」および「Altiris Server Management Suite 7.0」を、3月27日より提供開始する。

「Client Management Suite 7.0」は、ハードウェアやソフトウェアイベントリ情報の収集、ソフトウェアの配布や利用状況の監視、パッチの適用など、組織内のクライアントPCを一元管理できるソリューション。

最新版では、クライアントPCへインストールされたソフトウェアの精査を行うことが可能。カタログを作成できるほか、ユーザーによる勝手な設定変更などを定期的にチェックする機能を盛り込んだ。

またインテルvPro技術を活用することにより電源管理を実現したほか、「Ghost」「pcAnywhere」「Workspace Virtualization」など同社製品を統合することにより、バックアップやリモート操作、仮想化など機能を強化した。

一方、「Server Management Suite 7.0」は、サーバの自動検出、プロビジョニング、パッチ管理、監視を行うことができる製品。幅広いプラットフォームに対応し、物理的なサーバだけでなく、仮想化環境にも対応している。

最新版では、パフォーマンスの監視をはじめ、パフォーマンスや運用に影響を与えるイベントの収集し、ビジネスに与える深刻度に応じてインシデントとの相関分析を行うことが可能。またメンテナンス作業のスケジュールをコントロールすることができる。

両製品は、管理コンソール「Symantec Management Console」を共有しており、単一のコンソールで運用できるのが特徴。参考価格は、Altiris Client Management Suite 7.0が1クライアントあたり1万4900円。「Altiris Server Management Suite 7.0」が1サーバーあたり6万9700円。

(Security NEXT - 2009/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
エムオーテックス、IT資産管理ツールに新版 - データ送信のログ取得に対応
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
制御システム利用事業者向けにリスク分析ガイド - IPA
DOSとエルテス、操作ログ分析で不正な情報持出を検知するソリューション
マカフィー、SIEMの活用ノウハウを提供するパッケージを拡充
サイバネット、米Carbon Blackのエンドポイント製品を取扱開始
ネット経由で脆弱性攻撃受けるか診断できる無料サービス - 「WanaCrypt」に対応
ハンモック、「AssetView」に新版 - PCの脆弱性対策機能など追加
KCCS、「Netskope」や「Darktrace」などを活用した脅威監視サービス