Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

誤記載や入力ミスなどにより発生した個人情報関連事故4件を公表 - 横浜市

横浜市は、3月14日から20日の間に判明した個人情報関連の事故4件について公表した。同市では、関係者への説明と謝罪を行っている。

同市によれば、金沢区サービス課では、3月10日に身体障害者手帳交付の案内文書1通をファックス送信する際、誤って第三者宅へ送信した。区役所の台帳に記載されていた電話番号の誤りが原因で、氏名や住所、電話番号などが流出した。

資源循環局においても、ファックスの誤送信が発生している。3月11日に自動車修理見積依頼のため、自動車販売店へ車両の整備記録簿を送信したが、番号リストの記載ミスにより関係ない第三者へ送信した。自動車販売店とメーカーの担当者の情報など含まれる。

一方、水道局緑・青葉地域サービスセンターでは、「水道料金・下水道使用料納入通知書」1通の誤送付が発生。原因は送付先の入力ミスで、氏名、住所、水道料金などが含まれる。さらに鶴見区税務課では、税の申告書1通を別人の申告書に同封して送付していた。

(Security NEXT - 2009/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フリーメールを業務利用、国内外からの不正アクセスで個人情報流出 - 島田市
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
CGソフト通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
小学校で児童名簿が飛散、水泳指導時に突風で - 大阪市
不正アクセスによる情報流出、件数を訂正 - 日本がん治療認定医機構
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市
ウクライナ停電にも関与した攻撃グループ、国内複数物流企業を標的に
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
島根大の複数職員がフィッシング被害 - スパム送信やメールの不正転送が発生
小学校11校で指導要録や健康診断票を紛失、調査で判明 - 大阪市