Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報や治療情報含むUSBメモリが所在不明に - 京都桂病院

京都桂病院の職員が、患者情報770件が保存されたUSBメモリを紛失していたことがわかった。

所在が不明になっているUSBメモリには、同院の消化器内科外来を受診していた患者758人のほか、院内連絡用として管理していた患者12人の個人情報が保存されていた。氏名、患者ID、性別、年齢、生年月日、病名、治療法などが含まれる。

同院の医局の事務担当者が管理していたもので、3月5日から11日の間に紛失したと見られている。紛失の判明後、院内の捜索や出入りする清掃業者など調べたが発見できなかった。同院では対象となる患者に説明と謝罪の書面を送付するなど、対応を進めている。

(Security NEXT - 2009/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
小学校長が他校教諭の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 尾道市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸