Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PCセキュリティ管理サービスを経産省のJ-SaaS上で提供 - クオリティ

クオリティは、SaaS型のクライアントPCセキュリティ管理サービス「ISM(IT Security Manager)」を、経済産業省のJ-SaaS上で3月31日より提供開始する。

同ソリューションは、クライアントPCの資産情報やセキュリティ対策を一括管理できるSaaS型サービス。経済産業省が推進している中小企業向けのSaaS活用基盤J-SaaS上で提供される。セキュリティパッチの適用や禁止ソフトのインストール、ウイルス対策ソフトの更新などPCのセキュリティ対策状況を確認、管理することが可能。

また、PCのハードウェアおよびソフトウェア情報を自動取得し、台帳を作成。データをCSV形式で出力する機能を搭載した。月額利用料は1台あたり735円。別途初期登録費用5万2500円が必要。

(Security NEXT - 2009/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
「Adobe Acrobat/Reader」に脆弱性、実証コードが公開済 - 早急に更新を
「VMware vRealize Log Insight」に認証回避の脆弱性
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - PoC公開済みの脆弱性に対処
「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」に悪用リスク高い脆弱性 - 早期適用推奨のアップデートが13日に公開予定
「Adobe Flash Player」に情報漏洩の脆弱性 - 悪用は未確認
GDPRやCookie法対応支援であらたに4サービス - IIJ
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ