Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイトへのアクセス状況をカテゴリ別に把握できる「LogVillage2.0」向けオプション

蒼天は、エージェントレスで動作するクライアント管理ソフト「LogVillage2.0」のユーザー向けに「URLカテゴリ分類オプション」の販売を開始する。

「LogVillage」は、クライアントPCの稼働状況や資産の管理、操作ログの収集、ファイル管理を行うことができるクライアント管理ソフト。蒼天では、今回あらたにURLフィルタリングサービスなどを展開するネットスターと「URLカテゴリ分類オプション」を共同で開発した。

「LogVillage」では、従来よりウェブサイトへのアクセスログを収集できる機能を備えているが、同オプションを導入することにより、自動でカテゴリごとに分類し、グラフや詳細ログを表示できるようになる。

組織全体や部門、PCごとにアクセス状況も把握することが可能。カテゴリは少分類で71種類を用意しており、アラート通知機能をカテゴリごとに設定することができる。オプションの価格は52500円/月から。

(Security NEXT - 2009/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

AIG損保、米本社開発のサイバーリスク評価サービス - 保険料には影響せず
ふるまいを機械学習、内部脅威を検知する「RSA NetWitness UEBA」
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
CASBを利用したクラウド利用状況の可視化サービス - 日商エレ
制御システム向けにリスクアセスメントサービス - ラック
攻殻機動隊の「タチコマ」が不正サイト接続をブロック - 「WarpDrive」実証実験がスタート
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
個人データ侵害時におけるGDPRの報告書作成を支援 - PwC
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量