Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Software Bladeアーキテクチャ」を採用したセキュリティゲートウェイ

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、セキュリティゲートウェイ「Check Point R70」を近日発売する。

同製品は、今回はじめて「Software Bladeアーキテクチャ」を採用したセキュリティゲートウェイ。20種類以上の「Software Blade」から必要に応じて機能を導入、管理できる。機能を追加する場合もハードウェアの増設など不要で、柔軟な運用を実現する。

また、OSの脆弱性に対する攻撃やウイルス、ウイルス感染といった攻撃から防御する最新型IPS「IPS Software Blade」を搭載。マルチギガビットのパフォーマンスを備え、専門知識がない場合も簡単に利用できるモードからきめ細かい設定まで対応する。

またリアルタイムにデータを解析し、経営面からフォレンジックレベルまで詳細な情報を参照することが可能。

(Security NEXT - 2009/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン
拠点間データ通信を保護する暗号化アプライアンス - 日立産業制御
NECネッツエスアイ、セキュアゲートウェイサービスに保険を付帯
重要インフラなどへ対策サービス - NTTセキュリティ
NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援
マカフィー、サンドボックスやSIEMなど法人向け製品に新版
NRIセキュア、車両システムのセキュリティ診断サービスを提供
マクニカと凸版、IoT機器へのセキュアICチップ組込で協業
カスペルスキー、ITインフラ全体の情報から攻撃を検知するソリューション
セコムとルネサス、IoTセキュリティ基盤の開発で協業