Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット利用者100人に1人がマルウェア感染 - 最新ソフト使用しても被害

インターネット人口の1.1%が、マルウェアによるIDの詐取といった危険にさらされていることがPanda Securityの調査で判明した。

Panda Securityの研究期間である「PandaLabs」が、2008年にオンラインマルウェアスキャニングサービスで調査した6700万台のコンピュータについて分析したもの。

調査結果から、全世界で推定1000万人以上が、IDなど個人情報を盗み出すメモリ常駐型のマルウェアに感染していると見られている。またこうした感染被害を受けたPCの35%には最新のウイルス対策ソフトがインストールされていた。

半期別に見ると、上半期から下半期に800%の増加を記録。さらに同社では、2009年は感染率が1カ月あたり336%増加すると予測している。

また米国において1件あたり平均被害金額は496ドルにおよび、米国だけで15億ドルのリスクが存在しているとのJavelin Strategy&Researchによる調査結果を紹介。問題解決に要する平均時間は、米連邦取引委員会のまとめによると30時間必要とされ、同社の感染率から累積時間は9000万時間に及ぶと同社では試算している。

(Security NEXT - 2009/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
2018年3Q、不正プログラム検出数が前期比約6分の1に - ウイルスも半減
広告関連のPUAやマルウェアで検出全体の7割弱 - ESET
J-CSIP、3Qに標的型攻撃情報39件を共有 - 8月上旬に「iqyファイル」大量ばらまきも
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発