Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット利用者100人に1人がマルウェア感染 - 最新ソフト使用しても被害

インターネット人口の1.1%が、マルウェアによるIDの詐取といった危険にさらされていることがPanda Securityの調査で判明した。

Panda Securityの研究期間である「PandaLabs」が、2008年にオンラインマルウェアスキャニングサービスで調査した6700万台のコンピュータについて分析したもの。

調査結果から、全世界で推定1000万人以上が、IDなど個人情報を盗み出すメモリ常駐型のマルウェアに感染していると見られている。またこうした感染被害を受けたPCの35%には最新のウイルス対策ソフトがインストールされていた。

半期別に見ると、上半期から下半期に800%の増加を記録。さらに同社では、2009年は感染率が1カ月あたり336%増加すると予測している。

また米国において1件あたり平均被害金額は496ドルにおよび、米国だけで15億ドルのリスクが存在しているとのJavelin Strategy&Researchによる調査結果を紹介。問題解決に要する平均時間は、米連邦取引委員会のまとめによると30時間必要とされ、同社の感染率から累積時間は9000万時間に及ぶと同社では試算している。

(Security NEXT - 2009/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

悪意あるメール、クリックの半数超が受信1時間以内 - 朝夕に増加傾向
企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
メール添付で4月も多数流通、請求書などに偽装するマルウェア
仮想通貨発掘マルウェア4割認知せず - 2割強は広告代わりに発掘を許可
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」