Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネット利用者100人に1人がマルウェア感染 - 最新ソフト使用しても被害

インターネット人口の1.1%が、マルウェアによるIDの詐取といった危険にさらされていることがPanda Securityの調査で判明した。

Panda Securityの研究期間である「PandaLabs」が、2008年にオンラインマルウェアスキャニングサービスで調査した6700万台のコンピュータについて分析したもの。

調査結果から、全世界で推定1000万人以上が、IDなど個人情報を盗み出すメモリ常駐型のマルウェアに感染していると見られている。またこうした感染被害を受けたPCの35%には最新のウイルス対策ソフトがインストールされていた。

半期別に見ると、上半期から下半期に800%の増加を記録。さらに同社では、2009年は感染率が1カ月あたり336%増加すると予測している。

また米国において1件あたり平均被害金額は496ドルにおよび、米国だけで15億ドルのリスクが存在しているとのJavelin Strategy&Researchによる調査結果を紹介。問題解決に要する平均時間は、米連邦取引委員会のまとめによると30時間必要とされ、同社の感染率から累積時間は9000万時間に及ぶと同社では試算している。

(Security NEXT - 2009/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正サイトのマルウェア拡散、「仮想通貨採掘ツール」にシフト - 相場高騰が後押しか
445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず
10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
制御システムの37%で攻撃を検知 - 3割が製造業
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
クラウド環境向けセキュリティ製品、2021年までの年間平均成長率は20.9% - IDC予測
金融機関の3割でサイバー攻撃が発生 - 1割が「経営に影響」と回答
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も