Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゲーム狙うマルウェアが「INF/Autorun」を押さえてトップ - ESETランキング

キヤノンITソリューションズは、ESETが2月にマルウェアの追跡システム「ThreatSense.Net」で観測したウイルス検知の状況について発表した。

同社ランキングによれば、今回首位となったのは、オンラインゲームのユーザーアカウントやパスワードを盗み出す「Win32/PSW.OnLineGames」。7.33%を占めており、オートラン機能を悪用するマルウェア「INF/Autorun(6.44%)」を押さえてトップだった。

また、ネットワークやリムーバブルメディア、WindowsのServerサービスに見つかった脆弱性を悪用する「Win32/Conficker.AA」が3位、「Win32/Conficker.A」が5位に入っている。

ESETでは最近の傾向として、アプリケーションのデータファイルを悪用するケースが増えていると指摘。2月に明らかとなったExcelの脆弱性を攻撃し、バックドアを作成する「X97M/TrojanDropper.Agent.NAI」を例に挙げ、マクロを利用していないファイルも危険性が潜んでいると同社では警告を発している。

またフィッシングの悪質化についても伝えており、正規サイトから取引認証コードを取得させるなど手の込んだ攻撃を行うケースが発生したことや、Macを対象とした攻撃も発生しているとして注意を呼びかけた。

同社が発表したマルウェアのトップ10は以下のとおり。

1位:Win32/PSW.OnLineGames
2位:INF/Autorun
3位:Win32/Conficker.AA
4位:Win32/Agent
5位:Win32/Conficker.A
6位:Win32/TrojanDownloader.Swizzor.NBF
7位:WMA/TrojanDownloader.GetCodec.Gen
8位:Win32/Adware.TencentAd
9位:Win32/Toolbar.MywebSearch
10位:Win32/Adware.Virtumonde

(Security NEXT - 2009/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

男子中高生の将来なりたい職業、トップは「ITエンジニア、プログラマー」
2016年の不正アクセス認知件数は1840件、前年比211件減 - 検挙数は増加
フィッシング報告、3か月連続で増加 - 違和感ない日本語メールに注意
フィッシング報告、2カ月連続で増加 - メールアカウント狙いの攻撃も
フィッシング報告数が倍増するも低水準 - LINEやゲーム関連も影響
フィッシングが縮小傾向、37カ月ぶりに報告数が200件切る
9月のフィッシング報告、前月から半減 - URLとブランド悪用は増加
フィッシング報告件数が前月の4分の1へ大幅減 - ユニークURL件数も3分の1以下に
相談件数が2000件を突破、ワンクリック詐欺も最多記録を更新 - IPAまとめ
2013年のフィッシング報告件数は1万5000件超 - 前年比17倍と急伸