Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

正規サイトのマルウェア感染を検知するSaaS型サービス - GMO-HS

GMOホスティング&セキュリティは、ウェブサイトのマルウェア感染をリモートから診断するSaaS型サービスを4月上旬より開始する。

同サービスは、サイバー攻撃などにより、企業が運営するウェブサイトがマルウェアへ感染していないか、リモート環境から検知を行うサービス。感染を確認した場合は、問題となるページを特定して利用者へ通知する。

今回同社では、サービス提供にあたり、ワールドワイドで検知サービスを展開している米Armorize Technologiesと提携したという。

月額利用料は2625円から。また最大3カ月まで利用できる無償版も用意する。

(Security NEXT - 2009/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレーニングサービスにセキュリティ意識の評価機能
IoTに特化した脆弱性診断サービス - サイバーマトリックス
不正なAPや端末を検知するWi-Fi監視サービス - スプライン
「APIセキュ診断」に設計面からレビューする新メニュー
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
コンテナ管理に特化したセキュ診断サービス - NRIセキュア
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
信金向けにサイト脆弱性診断 - SOMPOリスクマネジメント
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL
制御システムへの攻撃監視からインシデント対応まで支援 - 日立