Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業サイトの脆弱性やコンプライアンスを管理するソリューション - 日本IBM

日本IBMは、ウェブアプリケーションの脆弱性を検査する「IBM Rational AppScan Enterprise Edition V5.5」と、サイトのコンプライアンス管理を行う「IBM Rational Policy Tester V5.5」を発表した。

「IBM Rational AppScan Enterprise Edition V5.5」は、企業サイトを構成する複数のウェブアプリケーションの脆弱性を同時に検査し、結果に基づいた各種レポートやダッシュボードを作成。これにより、セキュリティ上の問題やその解決状況を一元管理できる。

一方「IBM Rational Policy Tester V5.5」は、機能によって3製品を用意。個人情報漏洩などのプライバシーリスクを検証する「IBM Rational Policy Tester Privacy Edition V5.5」のほか、サイト全体のアクセシビリティを検証する「IBM Rational Policy Tester Accessibility Edition V5.5」、リンク切れや期限切れ情報の提示などサイトの品質に関わる問題を検証する「IBM Rational Policy Tester Quality Edition V5.5」が提供される。

(Security NEXT - 2009/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
ハンモック、IT管理ソフトの新版 - レポート機能を強化
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
NEC、自社の脆弱性管理ノウハウを活用したクラウドサービスなど提供
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す