Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業サイトの脆弱性やコンプライアンスを管理するソリューション - 日本IBM

日本IBMは、ウェブアプリケーションの脆弱性を検査する「IBM Rational AppScan Enterprise Edition V5.5」と、サイトのコンプライアンス管理を行う「IBM Rational Policy Tester V5.5」を発表した。

「IBM Rational AppScan Enterprise Edition V5.5」は、企業サイトを構成する複数のウェブアプリケーションの脆弱性を同時に検査し、結果に基づいた各種レポートやダッシュボードを作成。これにより、セキュリティ上の問題やその解決状況を一元管理できる。

一方「IBM Rational Policy Tester V5.5」は、機能によって3製品を用意。個人情報漏洩などのプライバシーリスクを検証する「IBM Rational Policy Tester Privacy Edition V5.5」のほか、サイト全体のアクセシビリティを検証する「IBM Rational Policy Tester Accessibility Edition V5.5」、リンク切れや期限切れ情報の提示などサイトの品質に関わる問題を検証する「IBM Rational Policy Tester Quality Edition V5.5」が提供される。

(Security NEXT - 2009/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
脅威や脆弱性情報の提供や対策立案を支援するサービス - CTC