Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正PCの接続を検知して遮断する「AssetView GOLD S」 - ハンモック

ハンモックは、社内ネットワークに接続された不正PCを検知し、遮断するソフトウェア「AssetView GOLD S」を発売した。

同製品は、IT資産管理パッケージ「AssetView GOLD」シリーズの新製品。ネットワーク内の機器を検知する「検知モード」のほか、「AssetView GOLD S」がインストールされていないパソコンを検知して遮断する「遮断モード」を搭載している。

ソフトのインストール状況による遮断だけでなく、MACアドレスやIPアドレス、マシン名などの一覧を確認しながら手作業で遮断することも可能。検知や遮断結果は管理者コンソールから確認できるほか、ポップアップ表示やメールで確認できる。価格は100ユーザーが導入する場合、1ユーザーあたり1550円。

(Security NEXT - 2009/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
複数機械学習エンジン用いた米BluVector製IDSを発売 - dit
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
SDNやNFVで脅威封じ込め - IIJが実証実験
NEC、自社の脆弱性管理ノウハウを活用したクラウドサービスなど提供
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
ハンモック、「AssetView」に新版 - カスペの振舞検知機能を提供
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
腕の動きやデバイス角度などで「なりすまし」を検知するモバイル向けSDK