Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PhishWallクライアント」に「gredボタン」 - 不審サイトのチェックが手軽に

セキュアブレインは、同社が提供するフィッシング対策ツールバー「PhishWallクライアント」へ不審サイトのチェック機能を追加した。

「PhishWallクライアント」は、同社が企業向けフィッシング対策製品「PhishWall」のクライアントソフトとして無料で提供しているツールバー。ユーザーはシグナル表示により「PhishWall」導入サイトの真偽を確認できる。

最新バージョンでは、あらたに「gredボタン」をサポート。ウェブサイトに不審がある場合、同ボタンを押すことで、ウェブサイト解析サービス「gred」へジャンプし、自動的にサイトのURLをフォームへ入力。安全性を気軽に確認することができるようになった。

(Security NEXT - 2009/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米Akamai、悪意あるドメインへの接続防ぐソリューション
iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
ALSI、公衆無線LAN提供事業者向けのフィルタリングプラットフォーム
パロアルト、「PAN-OS 8.0」をリリース - サンドボックス回避攻撃へ対策
Bitdefender、家庭用IoT機器を保護するBOX型アプライアンス
ソフォス、自動化できるフィッシングトレーニングソリューション
ニフティ、PCだけでなくIoT全般を保護する家庭向けサービス
ESET個人向け製品、新版でランサム対策など追加 - モニター版を公開
WEPキーの盗難対策などを搭載した無線LANアクセスポイント
ウェブ経由の脅威に対抗するブラウザ用プラグイン - チェック・ポイント