Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立ソフト、機微情報のみ受託管理する「匿名バンク」 - 「Wii Fit」の健康指導システムにも応用

日立ソフトウェアエンジニアリングは、個人情報の機微情報を匿名化し、受託管理するASPサービス「匿名バンク」を、4月1日より提供開始する。

同サービスは、機密性の高い機微情報を匿名化した上で受託管理するソリューション。氏名や住所といった個人を特定する個人情報と機微情報を分割。個人情報を利用者が、機微情報にIDを付与した上で同社が管理することで情報漏洩のリスクを抑えることができる。

また同社では受託した匿名データについて統計処理を行った上で事業者に提供したり、データマイニングサービスを展開するほか、事業者間の複数サービスを連携できるハブ機能なども提供する予定。

同社や日立製作所は、健康保険組合や特定保健指導サービス機関へ提供される任天堂の「Wii Fitからだチェックチャンネル」において、遠隔健康指導の基盤システム開発しているが、こうしたシステムへの応用についても想定されているという。

(Security NEXT - 2009/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
NTT-ATら、CSIRT向けに会員制サービス - サイバー保険も付帯
38種類の加工方法を実装した匿名加工情報作成ソフト - NTT-TX
Firefoxとセキュリティ専門家がタッグ、アカウント漏洩チェックツールを開発中
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
NEC-SI、パーソナルデータを匿名加工するソリューション - 個人識別リスクも表示
セキュリティ情報の共有に特化したソーシャルネットワーク基盤 - 日立システムズ
JPCERT/CC、制御システムのセキュリティアセスメントサービスを開始
富士通研、匿名加工データの個人特定リスクを評価する新技術
日立ソ、パーソナルデータ利用企業向けにソリューション