Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

センドメールのソリューションを搭載した迷惑メール対策アプライアンス - クラスキャット

クラスキャットは、「中堅企業向け迷惑メール対策アプライアンス」および「ISP向け迷惑メール対策アプライアンス」の2製品を発売した。

同製品は、センドメールが提供しているソリューションをアプライアンスサーバとして提供するもの。ハードウェアは、日本IBMの「System x」または「BladeCenter」から選択できる。また、対応ユーザー数や機能によって、中小企業向けとISP向けから選択することが可能。

「中堅企業向け迷惑メール対策アプライアンス」は、同社のインターネットサーバ管理ツールとセンドメールの迷惑メール対策ソフトを搭載。専任のIT管理者がいない企業でもスパムフィルタや25番ポートブロック、送信ドメイン認証、SSL暗号化通信などの運用が行える。

オプションでAESによる暗号化やウイルス対策機能も追加可能。ユーザー数250、500、1000に対応の3モデルが用意されている。

一方「ISP向け迷惑メール対策アプライアンス」は、1万以上が利用する環境に対しても対応することが可能。中小企業向け製品の持つ機能にくわえ、オプションとしてユーザーごとの迷惑メールコントロールと隔離機能が追加できる。

また、送受信メールの通数やコネクション数などをゲートウェイで制御する「インテリジェントメールトラフィックコントロールアプライアンス」も同時に提供される。

(Security NEXT - 2009/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
ESETの「月額サービス」がスタート
マカフィー、コンシューマー向けセキュリティ製品の2017年版を発表
2016年2月にESET最新版 - ネット取引の保護機能など追加
ガルフネット、迷惑メール対策サービスを7月より提供
キヤノンMJ、中小企業向けIT支援サービスに新ラインナップ
家庭向けセキュリティサービス「OKAERI」 - 別居の家族も可
Windows向けESETに新版 - ボット対策やJava脆弱性を防御
ソフォス、UTM新製品10機種を投入 - 10万円以下のエントリーモデルも