Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows Server向け「ESET NOD32」を発売 - キヤノンITソリューションズ

キヤノンITソリューションズは、「Windows Server」に対応した「ESET NOD32アンチウイルス サーバー」を3月16日より発売する。

従来は、ESET NOD32のライセンス製品で対応していたが、最低10ライセンスを購入する必要があった。今回発売するサーバ向け製品では、1ライセンスで対応することが可能。複数年契約にも対応しており、最長5年契約を行うことができる。

すでに「NOD32アンチウイルス V2.7」を利用している場合は優待価格で提供する。1年間のサポートサービスが付属して価格は1万5750円。優待版および更新版はいずれも1万500円。

(Security NEXT - 2009/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
開発から運用まで保護するコンテナ向けセキュリティ製品 - クリエーションライン
Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
カスペ、個人向けセキュリティ対策ソフトに新版 - 脆弱性対策機能を強化
米中間選挙にあわせコンシューマー向け製品を無償提供 - Cylance
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
「NOD32」発売から15周年、記念パッケージをリリース
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可