Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性を悪用する「Conficker」に新種、ポリモーフィック型も猛威 - マカフィーレポート

マカフィーは、同社データセンターで2009年2月に観測したウイルスや不正プログラムの状況を取りまとめ、公表した。Windowsの脆弱性を悪用する「W32/Conficker.worm」の亜種が発生しているとして、注意を呼びかけている。

同社がまとめたランキングによれば、検知企業数およびマシン数のトップは先月と変わらず、オートラン機能を利用してオンラインゲームのアカウントを盗む不正プログラム「Generic!atr」が占めた。一方、感染ファイル数のランキングでは、1位に「W32/Conficker.worm.gen.a」、2位に「W32/Conficker.worm.gen.b」と、Windowsの脆弱性を悪用する「W32/Conficker.worm」の亜種が上位を独占した。

企業やマシンにおける検知数はランキング圏外だが、いったん感染するとほかの多数のパソコンに被害が広がることから、感染ファイル数が増えこのような結果になったと同社は分析している。また、共有フォルダや外部メディアからも感染するあらたな亜種も見つかっているとして、修正プログラム適用後も引き続き警戒が必要だとしている。

またランキング圏外ではあるものの、「W32/Virut」や「W32/Sality」といったポリモーフィック型ウイルスの感染報告が急増している。ファイルに感染する際にランダムな暗号化コードを使用して自身を暗号化するウイルスで、駆除が難しいのが特徴。ウェブ経由で感染するため、不審なサイトへのアクセスや不用意なダウンロードは控えるよう呼びかけている。

一方、不審なプログラムのランキングに関しては、大きな変動は見られなかった。脆弱性やソーシャルエンジニアリングを利用してインストールされる事例が報告されていることから、脆弱性の修正プログラム適用を再確認するよう求めている。

アドウェアの中には正規のフリーソフトにバンドルされているものもある。またリモート管理ツールであるVNCがランクインしているが、ユーザー自身が意図して利用している場合には特に問題ない。

同社が発表した検知マシン数のトップ10は以下のとおり。

ウイルス

1位:Generic!atr
2位:Generic.dx
3位:Phish-FraudPay.eml
4位:PWS-Mmorpg.gen
5位:Generic PWS.ak
6位:PWS-Gamania
7位:PWS-Gamania.gen.a
8位:PWS-Gamania.gen.g
9位:Exploit-IFrame.gen.l
10位:Generic Downloader.x

不審なプログラム(PUP)

1位:Generic PUP.x
2位:RemAdm-VNCView
3位:Adware-OptServe
4位:Generic PUP.z
5位:Generic PUP.d
6位:RemAdm-VNC
7位:Adware-Softomate.dll
8位:Generic PUP.g
9位:Exploit-MIME.gen.c
10位:RemAdm-TightVNC

(Security NEXT - 2009/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
常時SSL化に向けてメモリ消費を抑える技術、IEEEで発表 - ペパボ研
全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
メール誤送信で経済団体や有識者のメアドが流出 - 公取委
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
米政府、北朝鮮政府関与のトロイの木馬「TYPEFRAME」を警告 - 米朝対話の裏で駆け引き
2017年の新種ランサムウェア、前年比62%増 - 「WannaCrypt」検出、日本は2位
リスト用いたなりすましの会員登録申請が発生 - フフルル