Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報の盗難や紛失など事故2件を公表 - 住友不動産販売

住友不動産販売は、車上荒らしによるパソコンの盗難や、書類の紛失など、顧客情報に関わる事故2件について公表した。

同社によれば、2008年11月13日、大阪府和泉市内の営業センターにおいて、顧客12人の氏名や住所が記載された書類の紛失が発生。センター内を捜索したが見つからず、対象となる顧客に説明と謝罪を行った。書類は誤って廃棄された可能性が高く、紛失した情報の不正利用などは確認されていないという。

また今年に入って1月25日には、同社が販売代理店を務めている大阪府豊中市内にある新築マンションの顧客情報が保存されたパソコンの盗難が発生した。

同マンションのモデルルームに勤務している派遣会社従業員が車上荒らしに遭い、盗まれたもので、問い合わせを行った顧客24人の氏名、住所、年齢、家族数などが保存されていた。同社では対象となる顧客に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2009/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

訪問サービス中に車上あらし、個人情報が盗難 - 長岡の高齢者介護施設
車上荒らしで顧客情報が盗難 - 大和リビング
調律師が車上荒らしに、顧客情報が盗難 - 河合楽器
顧客情報記載のリストが車上荒らし被害 - 中部電力
車上荒らしで顧客情報が盗難被害 - かもめガス
車上荒らしで学生の個人情報が被害に - 梅光学院大
作業中に車上荒らし、顧客情報が盗難 - 大丸エナウィン
10分ほどの駐車中に車上荒らし、学生情報など被害 - 名大
中学校内で車上荒らし、成績情報が盗難 - 堺市
委託先で患者情報含むHDDなどが盗難 - 伊勢崎市民病院