Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む検針用携帯端末を紛失 - 東京ガス関連会社

東京ガスの関連会社で同社がガスメーターの検針業務を委託している東京ガスタマライフバリューにおいて、顧客情報378件が保存された業務用携帯端末の紛失が発生した。

所在不明となっている端末には、3月5日に巡回を予定していた東京都小平市内の378世帯に関する顧客情報が保存されていた。氏名、住所、電話番号、ガス使用量、前月領収金額のほか、一部顧客に関しては口座番号も含まれる。

同社によれば、データは暗号化されており、端末自体もIDや暗証番号でロックされているという。紛失した情報が不正に利用された事実は確認されていない。

3月4日19時ごろ、従業員が自転車の後部荷台に設置したかごの中に端末を収納した鞄を入れて帰宅したが、その際に紛失したと見られている。同社では、対象となる顧客に説明と謝罪を行うとしている。

(Security NEXT - 2009/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

緊急消防援助隊の派遣に関するPCが所在不明 - 消防庁
個人情報の不正使用で職員を懲戒処分 - 富里市
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 昭和女子大
講師が学生の個人情報含むノートPCを紛失 - 共立女子大
治験データ8300件が所在不明 - 医薬品医療機器総合機構
患者の個人情報、委託先が持ち出し紛失 - 高知大病院
契約者の個人情報含む携帯端末を紛失 - NHK
堺市、PCに顔認証を導入 - 有権者情報の流出を受けて
問合窓口への見積依頼メールにマルウェア、顧客情報が流出 - ゲオ
患者情報含むUSBメモリが院内で所在不明 - 北里大学東病院