Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

10件以上のセキュリティに関する修正を行った「Opera 9.64」

Opera Softwareは、不具合などを解消した同社ブラウザの最新版「Opera 9.64」を公開した。同社ではアップデートを強く推奨している。

Windows版では、プラットフォームに依存する機能追加を1件を含め、セキュリティに関連して14種類の修正や機能追加が行われた。またMac版やLinux版、FreeBSD版についても13件のセキュリティに関する修正が実施されている。

具体的には、JPEGファイルの処理における脆弱性やプラグインにおけるクロスドメインスクリプティングの不具合を解消。セキュリティ関連情報がディスクへ書き込まれる仕様を変更した。

さらに証明書の処理について機能を強化しており、信頼されないルートストアに対する処理の追加。また証明書失効リストダウンロード時や証明書ID算出時の不具合などへ対応した。

Opera Software
http://jp.opera.com/

(Security NEXT - 2009/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
Windows版LINEにリンクでDLL読込パスを指定できる脆弱性 - すでに修正済み
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性