Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4月の設立に向けて日本カード情報セキュリティ協議会の準備事務局が始動

「日本カード情報セキュリティ協議会(Japan Card Data Security Consortium)」の設立に向けて、準備事務局が開設された。

JCDSCは、クレジットカード会社や加盟店、決済ベンダー、PCI DSSの認定評価機関、システムインテグレーターなど、クレジットカードのセキュリティに関連する企業や組織の情報交換や連携を目的とした協議会。

日本アイ・ビー・エムやシマンテックなどすでに11社が参加を表明しており、4月の設立に向けて参加企業の募集や運営委員会の設置など進める。準備事務局はNTTデータ・セキュリティ、BSIマネジメントシステムジャパン、三和コムテック、日本オフィス・システムの4社に開設し、NTTデータ・セキュリティが代表を務めている。

(Security NEXT - 2009/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日本クレジット協会、「PCI DSS」準拠のための実施要領を公開
PCI SSC、クレカのセキュリティ基準「PCI DSS」日本語版を公開
クレカ取引のセキュリティ対策強化、「実行計画2017」が策定
日本クレジット協会、「セキュリティ対策推進センター」を設置
2020年までにPCI DSSへ準拠、POSはICカード対応に
NANAROQ、PCI DSS審査機関の認定受けた子会社と連携
PCI SCC、10月に都内でコミュニティミーティングを開催
「クレジット取引セキュリティ対策協議会」が発足 - 世界最高水準の環境目指す
「PCIDSSセキュリティフォーラム 2014」を開催 - 基調講演はBob Russo氏
ITリスク/コンプライアンスサミット2014がまもなく開催 - 日本CISO協会