Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バレンタイン便乗スパムが横行、巨大ボットネットは1日あたり70億通を配信 - メッセージラボ調べ

メッセージラボジャパンは、2月に検知したスパムやウイルスの状況を取りまとめた。ボットネットの急速な活発化や、金融危機で不安を抱える消費者を狙ったフィッシング詐欺が横行しているとして、注意を呼びかけている。

同社によれば、流通するメール全体に占めるスパムの割合は73.3%で、前月から1.3ポイント減少した。しかしながら、ボットネットの急速な活発化にくわえ、世界的な金融危機やバレンタインデーなどユーザーの関心を引く話題に便乗したスパムが増加したことで、2月初めにはスパムの割合が79.5%にまで上昇したという。

なかでも、金融危機で不安を抱えるユーザーを対象に、銀行を騙って金銭を詐取しようとするフィッシングメールは目立った動きを見せており、フィッシング攻撃の割合を見ると、1月には396.2通あたり1通だったが、2月には190.4通あたり1通まで増加した。

またバレンタインデーも攻撃の対象となっている。便乗するスパムの割合は、全体の2%から9%に増加。こうしたバレンタインスパムの約7%は、最大規模のボットネットである「Cutwail(Pandex)」を発信元としていた。同ボットネットにおける1日あたりの推定スパム数は70億件にのぼり、約90%がバレンタイン関連のスパムだった。

ウェブベースのマルウェアは26.1%が新種で、マルウェアなどに感染するおそれのある有害サイトは1日あたり941件特定されており、1月より22.1ポイント減少した。

ウイルス感染メールの割合は0.33%で、1月より0.06ポイントの減少となった。悪質なサイトへのリンクを含むメールは3.7%で、7.6ポイントの減少となっている。

(Security NEXT - 2009/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か
5月はウェブ経由の攻撃が増加 - 新ランサム「Jaff」の拡散も
2016年は新種ランサムが88%増 - ただし2016年4Qは7割減
3月にウェブ経由の攻撃が増加、前月の1.5倍に - 「Necurs」復活でスパム増加の兆し
2月はマルウェアが急増、前月の3倍に - 「Kovter」が活発化
マルウェアメールが大幅減、「Necurs」停滞が影響か - 新種マルウェアは3290万件
2016年4QのDDoS攻撃は16%減 - 100Gbps超は12件
「2323番ポート」や「7547番ポート」へのパケットが増加 - JPCERT/CCが観測
2016年3QのDDoS攻撃、前四半期比71%増 - 100Gbps超は19件
少なくとも100組織が「DNS水責め攻撃」の踏み台に