Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Mac OS X 10.5 Server向けウイルス対策製品の最新版 - 米Intego

米Integoは、アクト・ツーを通じてMac OS X 10.5と同Serverに対応したサーバ向けウイルス対策ソフト「VirusBarrier Server 2」と「VirusBarrier Mail Gateway 2」を発売した。

「VirusBarrier Server 2」は、サーバ上で起動されるファイルやコピーされるファイルを自動でスキャンするサーバ向けウイルス対策製品。ウイルス感染ファイルを検知した場合は隔離し、管理者にログを送信して注意を喚起する。またローカルボリュームとネットワークボリュームに対し定期的なスキャンを設定できる。

一方、「VirusBarrier Mail Gateway 2」は、メールサーバで送受信されるメールをスキャンし、感染した添付ファイルを検出するウイルス対策製品。ウイルス検出時には添付ファイルを隔離し、管理者に対しログ送信により注意を喚起する。また起動されるファイルやコピーされるファイルに対しても自動でスキャンを実施する。

既存ユーザーに対しては、新バージョンを無償で提供する。

(Security NEXT - 2009/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アクロニス、バックアップソフトに新版 - ランサム対策を強化
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
「Cylance」がコンシューマー向け製品を投入
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
アラートのトリアージを支援する「McAfee Investigator」を実証実験 - マカフィー
「NOD32」発売から15周年、記念パッケージをリリース
攻殻機動隊の「タチコマ」が不正サイト接続をブロック - 「WarpDrive」実証実験がスタート
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル