Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「インターネット協会」装った迷惑メールが発生

インターネット協会は、同協会の名称を不正に利用した迷惑メールが発生しているとして注意を呼びかけている。

同協会の肩書きを利用した詐欺と見られる商法など2003年ごろより確認されており、以前より同協会では注意を呼びかけているが、あらたな手口の迷惑メールを受信したとの報告が複数寄せられたことから注意喚起を実施したもの。

問題の迷惑メールは、携帯電話に対して「IAjapanからのお知らせ」との件名で送信されており、あたかも同協会が架空請求サイトとみられるウェブサイト運営業者と和解を勧めるかのような内容となっている。

本文は、ウェブサイト会員とウェブ運営事業者の訴訟においてウェブ運営事業者が全面的に勝訴し、賠償命令が下ったかのような説明により受信者を脅す文面となっている。同協会では、こうした迷惑メールと一切関係ないとして、利用者に注意を促している。

090302ia.jpg
同協会を装い携帯に送信されたメール

(Security NEXT - 2009/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

6億円当選かたり、個人情報詐取するフィッシング - プレゼント付預金の人気に便乗か
「支払い方法が他人に変更された」と不安煽る偽ソフトバンクに注意
SMSで訴訟ちらつかせる偽アマゾン - プリカ番号やコンビニ払いを要求
「アカウント閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 個人情報やクレカ情報を詐取
開幕で盛り上がるW杯便乗攻撃、試合日程や結果の確認ツールに偽装
「MUFGカード」装うフィッシング - 「持続する」ボタンに短縮URL
大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
2段階認証の設定に見せかけた「LINE」のフィッシングが再度発生