Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アジア太平洋地域向けに証明書販売サイトを開設 - GMOグローバルサイン

GMOグローバルサインは、アジア太平洋地域を対象とした電子証明書の販売サイトを開設した。

従来より同社では、中国や韓国において現地法人や代理店を通じて電子証明書の販売を行っているが、今回アジア太平洋地域向けにウェブサイトを設置することで、サービス提供国の拡大を目指すもの。

企業認証SSLの提供については、国ごとの認証プロセスの整備が必要となることから、同社では手始めにオーストラリア、ニュージーランド、香港、シンガポール向けに販売し、今後提供国の拡充やEV認証SSLへの対応など進める。またプロセスが未整備な地域に対してもドメイン認証SSLを提供する。

対応言語は英語で決済通貨は「円」。同社では今後各国の言語や通過による決済へ対応するため、システムの整備などを予定している。

(Security NEXT - 2009/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
セコムとルネサス、IoTセキュリティ基盤の開発で協業
コモド、SSLサーバ証明書をデータ復元保険で差別化 - 価格は据え置き
ファイル非改ざんの確認機能やランサム対策を搭載したバックアップソフト
サイバートラスト、DigiCert証明書の取扱を強化 - RAを国内に開設
KDDI、SIMを活用したIoT機器向けセキュリティ技術を開発
マイナンバーカードを利用したオンライン向け本人確認サービス - サイバートラスト
シマンテック、ホスティング事業者向けに新サービス - SSL証明書の利用拡大目指す
「EV SSL証明書」の半額キャンペーン - サイバートラスト
NEC、マイナンバーカードの活用を支援するソリューション