Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

タグ機能など追加したメールアーカイブサーバを発表 - ミラポイント

ミラポイントジャパンは、ハードウェア、ソフトウェア両面から機能を強化したメールアーカイブサーバ「Mirapoint RazorSafe」の新シリーズを4月上旬より発売する。

今回発売となるのは、「同200」「同400」「同6000」の3モデル。新シリーズでは、ハードウェアのスペックを強化したほか、ソフトウェアをバージョンアップを実施。

検索内容の保存やスケジュールによる自動検索を行い、結果を指定のメールアドレスへ送信する「機密通知機能」を搭載したほか、メールに対してタグやコメントを追加できる「タグ付け機能」をあらたに搭載した。タグ付けを行った場合は、エイジングポリシーの対象外となり、アプライアンス上で保護される。

さらに検索機能を強化しており、従来のヘッダや本文、添付ファイルに対する検索にくわえ、タグやコメントを対象に検索を行うことができる。

価格は、「同200」「同400」「同6000」がそれぞれ510万6500円、1020万9500円、1701万5300円。別途保守費用が必要。

ミラポイントジャパン
http://www.mirapoint.co.jp/

(Security NEXT - 2009/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大阪北部地震へ便乗するサイバー攻撃や詐欺などに警戒を
マイナンバー含む課税資料を一時紛失、通知遅延も - 川崎市
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
常時SSL化に向けてメモリ消費を抑える技術、IEEEで発表 - ペパボ研
全日空のiOSアプリに脆弱性 - 中間者攻撃受けるおそれ
アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始
複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
メール誤送信で経済団体や有識者のメアドが流出 - 公取委
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
米政府、北朝鮮政府関与のトロイの木馬「TYPEFRAME」を警告 - 米朝対話の裏で駆け引き