Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス「Virut」の亜種が増加でIPAが注意喚起 - ウェブ制作者も感染活動の踏み台に

2006年に登場したウイルス「Virut」が、2008年末から増加傾向にあるとして、情報処理推進機構(IPA)では注意喚起を行っている。

同ウイルスは登場から時間が経過しているが、亜種が登場して感染活動が活発化しているもの。感染した場合はWindowsの起動が困難になるなど被害が発生するおそれがあるとして、脆弱性の解消やバックアップなど、日ごろより対策を実施しておくよう同機構では呼びかけている。

同ウイルスは、悪意あるウェブサイトより侵入して感染。さらに実行ファイルやスクリーンセーバに感染を広げるほか、「html」や「php」「asp」といったファイルに不正コードを埋め込むため、ウェブ作成者に感染した場合、感染ファイルの公開によりさらに感染が広がる。

(Security NEXT - 2009/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
「NOD32」発売から15周年、記念パッケージをリリース
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
NTT東、企業向けにマルウェア対策の一元管理サービス
ソースネクスト、モバイル向けにセキュリティ対策アプリ
ネットワールド、制御システム向けセキュリティパックを発売
トレンド、制御システムで不正アプリの起動を阻止する新製品