Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

病院情報システムで1000台以上のPCにウイルス感染 - 東大付属病院

東京大学医学部付属病院のシステムにウイルスが感染し、障害が発生していたことがわかった。個人情報漏洩や医療行為への影響はなかった。

2月27日未明に病院情報システムで利用する端末にウイルスが感染したもの。診療業務用端末のほかサーバなどへ1000台以上に感染し、同日午前中の検査や放射線、輸血などに関連した診療業務に支障が出たという。

同日中にほぼ復旧した。個人情報の流出や医療行為への影響はなかったと同院では説明している。

東京大学医学部付属病院
http://www.h.u-tokyo.ac.jp/

(Security NEXT - 2009/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

日本マクドナルドのシステム障害がほぼ復旧 - 一部店舗で調査継続中
マクドナルドのシステムがマルウェア感染 - 電子マネーやポイントを利用できず
琵琶湖博物館のウェブサイトが復旧 - アクセス集中で停止
「GOM Player」や関連製品のアップデートサービスを一時停止 - グレテック
「Suica10周年キャンペーン」の賞品にウイルスが混入 - JR東
一部オーディオプレイヤーにウイルスが混入 - クリエイティブメディア
館内PC9台にウイルスが混入、イベント参加者に感染のおそれ - 鉄道博物館
パナソニックのICレコーダー2機種にウイルスが混入
バッファローのモバイルルータにウイルスが混入 - NTT東の「光ポータブル」も
ヤマダ電機で販売された中古PCにウイルスが混入のおそれ