Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

営業秘密の横領や無断複製も処罰対象に - 「不正競争防止法」改正案

政府は、営業秘密の保護などを定める「不正競争防止法」の改正案を閣議決定した。今国会に提出し、2010年中の施行を目指している。

情報化が進み、企業における知的財産やノウハウなどの価値が高まる一方、営利や嫌がらせ目的による営業秘密の開示や従業員による機密情報の漏洩事件など現行法では対応できない事例が発生していることから、今回の改正案では、「営業秘密侵害罪」を見直した。

従来は、同罪の目的要件を「不正の競争の目的」としていたが、「不正の利益を得る目的」や「保有者に損害を与える目的」と変更。また、従来は使用や開示行為を処罰の対象としているが、営業秘密を記録した媒体の横領や無断複製といった行為についても処罰の対象としている。

(Security NEXT - 2009/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ココン、クロスワープのセキュリティ部門を取得
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」に改訂案 - 意見を募集中
国内サイバー保険市場、今後5年で3.5倍予測
「Windows 7」「WS 2008」脆弱性の約3割が「危険」レベル - 「Office 2010」は8割超
情報漏洩の補償、「いらない」「5万円以上」と両極端
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
改正サイバーセキュリティ基本法が成立 - 「サイバーセキュリティ協議会」創設など
16.5%の企業がCSIRT設置 - 1001名以上では4割
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ