Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大阪府委託先の下請で個人情報が盗難 - 契約違反の再委託に対応を検討

大阪府が道路図作成業務などを委託している事業者の再委託先から、個人情報が記載された「建築計画概要書」など業務書類が盗まれたことがわかった。

2月23日深夜に、業務委託先であるかんこうの下請け作業員が、大阪市内のコインパーキングに駐車し、業務資料などを車両に残したまま車を離れたところ、車上荒らしの被害に遭ったもの。翌24日昼過ぎごろに車へ戻ったところ、ドアが壊され車内から書類が鞄ごと盗まれていたという。

持ち去られた建築計画概要書は30枚で、個人17件と法人1件の過去の印影、および個人6件法人2件の電話番号など個人情報が含まれていた。

さらに「道路台帳現況図」や「国有財産特定図面」などの業務資料も被害に遭っている。府では、被害にあったこれら資料について、いずれも閲覧、複写できる資料だとしている。

また今回の事件を受け、関係者に対して経緯の説明を行った。業務委託先については、府の承諾なしに再委託されており、契約に違反するとして対応を検討している。

(Security NEXT - 2009/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

訪問サービス中に車上あらし、個人情報が盗難 - 長岡の高齢者介護施設
車上荒らしで顧客情報が盗難 - 大和リビング
調律師が車上荒らしに、顧客情報が盗難 - 河合楽器
顧客情報記載のリストが車上荒らし被害 - 中部電力
車上荒らしで顧客情報が盗難被害 - かもめガス
車上荒らしで学生の個人情報が被害に - 梅光学院大
作業中に車上荒らし、顧客情報が盗難 - 大丸エナウィン
10分ほどの駐車中に車上荒らし、学生情報など被害 - 名大
中学校内で車上荒らし、成績情報が盗難 - 堺市
委託先で患者情報含むHDDなどが盗難 - 伊勢崎市民病院