Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バイヤー向けメルマガに新種ウイルスが混入 - アリババ

BtoB事業を展開するアリババは、ウイルスを含む添付ファイル付きのメールマガジンを誤って配信したことを明らかにした。

同社によれば、2月23日15時ごろに本来中国のサプライヤー向けに配信すべきメールマガジンを、誤って国内のバイヤー宛てに配信したが、同メールにウイルスが添付されており、開封するとウイルスに感染するおそれがある。

問題のウイルスは、オンラインゲームのIDやパスワードを詐取するウイルス「HTML_IFRAME.AGL」。2月末に発生した新種のウイルスと見られ、登場からまもないこともあり一部ソフトでは検知できないおそれがあるという。

同社ではメールを受信した顧客に対し、開封せず削除するようアナウンスしており、すでに開封してしまった顧客には、駆除を呼びかけている。また同社では再発を防止するためHTMLメールの配信を廃止する。

(Security NEXT - 2009/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファーストサーバ、事故調査委の報告書概要を公開 - 約10年続いた既定外作業が原因
「Suica10周年キャンペーン」の賞品にウイルスが混入 - JR東
一部オーディオプレイヤーにウイルスが混入 - クリエイティブメディア
パナソニックのICレコーダー2機種にウイルスが混入
保守作業のミスで市民図書館利用者の個人情報が流出 - えびの市
バッファローのモバイルルータにウイルスが混入 - NTT東の「光ポータブル」も
ヤマダ電機で販売された中古PCにウイルスが混入のおそれ
オリンパスのコンパクトデジカメにウイルスが混入
オンラインゲーム「シールオンライン」のパッチにウイルス混入
ドライブレコーダー付属のSDカードにウイルス「MAL_OTORUN2」などが混入