Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

各分野の重要インフラ関係者が横断的に情報を共有 - 「セプターカウンシル」が始動

システム障害をはじめ、情報セキュリティの問題へ対応するため、重要インフラごとに「セプター」が設置されているが、これらセプター間で情報共有することを目的とした「セプターカウンシル」が2月26日に設立された。

同組織は政府機関とは独立して活動し、障害の未然防止や情報共有体制の調整、共通課題の発見や認識の共有などについて、分野の異なるセプターが横断的に活動を進めていくもの。

14セプターのうち、情報通信、金融、自治体など11セプターにより構成され、のこり3セプターをはじめ、所管する5省庁、日本経済団体連合会、日本銀行、金融情報システムセンターなどがオブザーバーとして参加している。

今回開催された設立総会において、総会議長に「T-CEPTOAR」から参加しているテレコム・アイザック推進会議会長でKDDI代表取締役執行役員副社長の伊藤泰彦氏、副議長に証券CEPTOARより参加する日本証券業協会専務理事兼CIOの大久保良夫氏が選出された。

今後総会は年1回のペースで開催される予定で、幹事会や臨時総会、ワーキンググループの設置など必要に応じて展開される。運営の主体は参加組織によるものとなるが、当面事務局は内閣官房情報セキュリティセンターが務め、国からも情報が提供される。

政府では、2000年に省庁のウェブサイトが改ざんされるサイバーテロの経験を活かし、情報セキュリティ政策会議や内閣官房情報セキュリティセンターを設置し、横断的な対応を進めている。

重要インフラ分野については、2005年12月に策定された行動計画において、インフラ事業者で構成されたセプターの設置やセプター間で情報共有を行うセプターカウンシルの創設について計画に盛り込まれていた。また先日決定した第2次計画においても情報共有体制の強化として言及されている。

(Security NEXT - 2009/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も
金融機関向けに閉域網とVDIを組み合わせたソリューション - 日商エレ
NISC、Twitterのパスワード変更を府省庁へ注意喚起 - 所管業界への周知求める
サイバー攻撃の脅威高まるプラント分野に「セキュリティマニュアル」 - 「データ契約ガイドライン」も
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
サイバー攻撃による重要インフラ障害、深刻度評価基準でパブコメ
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
政府、重要インフラの安全基準策定指針を改訂 - 特に考慮すべき対策項目など
政府、重要インフラの安全基準に関する指針改訂でパブコメ実施