Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日・ASEAN、情報セキュリティの連携枠組みで合意

第1回日・ASEAN情報セキュリティ政策会議が24日、25日に開催され、日本と東南アジア諸国連合(ASEAN)は情報セキュリティ対策における連携の基本的な枠組みについて合意した。

今回の会合は、日本の主要な投資先と位置づけられているASEANとの経済連携において、情報セキュリティに配慮したビジネス環境の確保を目指したもの。

日本からは内閣官房情報セキュリティセンター、経済産業省、総務省、ASEAN諸国からは局長、審議官クラスの担当者が参加し、機密情報保護やインフラ整備、法制度や政策といった国家戦略など、日・ASEAN諸国における連携について2日間にわたり話し合いが行われた。

同会合では、セキュアなビジネス環境が、知識集約型経済の促進を向上させることや、インフラ確立が事業継続において不可欠であることを認識。政府が情報セキュリティに対する政策を実施すべきであることについて合意した。人材育成、CERT/CSIRT組織の連携、スパム対策といった環境整備の面からも連携を深めていく。

ビジネス環境の構築では、継続的な政策的対話の枠組み創設に向けた検討について合意され、今回方向性が示されたことで、情報セキュリティ対策が今後中長期的な戦略として位置づけられた。同会合の成果は今夏に開催される日・ASEAN経済大臣および情報通信大臣会合においても報告される。

(Security NEXT - 2009/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ASEAN向けにサイバーセキュリティ演習を実施
政府、「サイバーセキュリティ国際キャンペーン」 - ASEAN諸国と連携
政府「サイバーセキュリティ2017案」で意見募集 - セキュリティ重視の経営を促進
NEC、ASEAN6カ国を対象としたサイバー攻撃防御演習を実施
総務省、「IoTサイバーセキュリティアクションプログラム」 - 人材育成を加速
「サイバーセキュリティ国際キャンペーン月間」がスタート
政府、「サイバーセキュリティ2016案」のパブコメ募集を開始
政府、重要インフラ防護と人材育成でASEANとの連携強化
政府、「サイバーセキュリティ戦略案」で意見募集 - 「後手から先手へ」
内部漏洩リスクが高い関係者、国内と海外で異なる傾向