Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「炎上」対策サービスを開始 - 東京海上日動リスクコンサルら

東京海上日動リスクコンサルティング、データセクション、CSK-ISの3社は、ブログなどにおける風評リスクへ対応する危機管理対策サービスを開始した。

同サービスは、ブログなどインターネット上で口コミを発信するGMSについて監視、対策を提供するもの。ネガティブな情報を検知し、拡大傾向や過去の事例から危険度を評価。基準を超えた場合は契約企業へ緊急通報を行う。

対応ミスなどによる「炎上」といったトラブルを未然防止したり、メディア対策や示談、訴訟対応といった危機管理コンサルティングサービスを提供。また監視状況に関するレポートや研修サービスなども用意している。

東京海上日動リスクコンサルティング
http://www.tokiorisk.co.jp/

CSK-IS
http://www.csk.com/csk-is/

データセクション
http://www.datasection.co.jp/

(Security NEXT - 2009/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

佐賀県教委、10項目のセキュリティ対策実施計画を策定
NECネッツエスアイ、ウェブ閲覧を保護するサービス
第1回「情報処理安全確保支援士試験」の申込受付がスタート
IPAら、「セキュリティ・キャンプフォーラム2017」を開催
「NEXON」装うフィッシングが再発 - 2016年末と同じ文面
無償脆弱性緩和ツールの新版「EMET 5.52」がリリース
Office利用者狙うフィッシング、国内から3000件以上のアクセス
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 72時間以内に更新を
サイボウズの「リモートサービスマネージャー」に脆弱性
厚労省、個人情報含む文書を誤送信