Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「電子署名・タイムスタンプ普及合同フォーラム2009」が開催

日本データ通信協会タイムビジネス協議会(TBF)と次世代電子商取引推進協議会(ECOM)による電子署名・タイムスタンプ普及合同フォーラム2009運営委員会は、タイムスタンプや電子文書保存の普及促進を目的としたイベントを、3月5日に開催する。

今回開催される「電子署名・タイムスタンプ普及合同フォーラム2009」は、タイムスタンプの提供側および利用者側双方が参加するイベント。情報交換や議論を通じて課題や認識を共有し、活動の連携推進を目指している。

フォーラムの会場は、工学院大学新宿キャンパスで、弁護士の牧野二郎氏による特別講演をはじめ、研究者や関連業界の専門家による講演や情報交換会が予定されている。定員は300名で、参加登録は、ECOMのウェブサイトで受け付けている。

(Security NEXT - 2009/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
富士通研、複数ブロックチェーンを接続する新技術 - トランザクション同期も
Avast子会社のシステム最適化ツールにバックドア - 227万人に影響
「公的個人認証サービス利用者クライアントソフト」の提供が再開
NRI、重要書類を電子化から保管まで支援するサービス
電気通信事業者向けサイバー攻撃対処のガイドラインを改訂
通信事業者によるC&Cサーバとの接続遮断 - 総務省がパブコメ実施
国内正規サイト経由の攻撃キャンペーンをFireEyeが報告 - Flashゼロデイ脆弱性を悪用
7月1日に「うるう秒」挿入 - システムトラブルに警戒を
ntpdに時刻同期不全となる脆弱性 - 中間者攻撃のおそれも