Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

迷惑メール対策がすぐに実施できるISP向けメールソリューション - センドメール

センドメールは、迷惑メール対策用の設定やテンプレートが付属するソリューションパッケージを、3月2日より販売する。

同パッケージは、メールゲートウェイシステム「Mailstream Switch MTA」、メールセキュリティ管理システム「Mailstream Manager」、スパムフィルタ「Sendmail Anti-Spam」を組み合わせたソリューション。

送信ドメイン認証やTCP 25番ポートの送信ブロックによる迷惑メール対策に必要な設定ファイルやテンプレートが付属し、総務省のISP向けガイドラインで導入が推奨されている迷惑メール対策をすぐに利用することが可能。

送信ドメインの認証結果に基づいたフィルタリングに関しては、ユーザーの同意が必要となることから、ユーザーごとにスパムフィルタの有無を選択できるオプトイン設定に対応している。

(Security NEXT - 2009/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
ESETの「月額サービス」がスタート
マカフィー、コンシューマー向けセキュリティ製品の2017年版を発表
2016年2月にESET最新版 - ネット取引の保護機能など追加
ガルフネット、迷惑メール対策サービスを7月より提供
キヤノンMJ、中小企業向けIT支援サービスに新ラインナップ
家庭向けセキュリティサービス「OKAERI」 - 別居の家族も可
Windows向けESETに新版 - ボット対策やJava脆弱性を防御
ソフォス、UTM新製品10機種を投入 - 10万円以下のエントリーモデルも