Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

制御システムベンダー向けにセキュリティ情報提供を強化 - JPCERT/CC

JPCERTコーディネーションセンターは、制御システム技術者におけるセキュリティ関連情報の共有を目的とした「制御システムベンダーセキュリティ情報共有タスクフォース」を発足した。

同組織は、制御製品や制御システムのベンダー、SIer、研究者を対象に、JPCERTが蓄積したセキュリティ関連情報を提供するもの。

JPCERTは、制御システム分野におけるセキュリティ対策や評価などは整備段階にあるとし、今後情報収集などの負担増大が予想されると指摘。今回設立したタスクフォースを通じてニュースや調査報告などの情報提供を行うほか、技術者など参加者の意見も踏まえた上で、積極的に活動していくという。情報配信は月1回ほどで定期会合の開催も予定している。

参加者は、JPCERTが2月18日に開催した「制御システムセキュリティワークショップ2009」で希望者を募集しており、今後は既存メンバーの紹介を通じて登録していくという。参加費は無料。

JPCERTコーディネーションセンター
http://www.jpcert.or.jp/

(Security NEXT - 2009/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
MS&ADとベライゾン、中小企業向けにリスク診断サービス
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
2020年度「CYDER」の受講申込が受付開始 - NICT
公印を紛失、リースアップ複写機とともに廃棄か - 川崎市
QRコードによるPWレス認証サービス - セイコーソリューションズ
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
NTTコムへの不正アクセス、BYOD端末からも
顧客情報が電車内で盗難被害 - 日神グループHD
網屋と北大、不正アクセスの検知精度向上を目指し共同研究