Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

制御システムベンダー向けにセキュリティ情報提供を強化 - JPCERT/CC

JPCERTコーディネーションセンターは、制御システム技術者におけるセキュリティ関連情報の共有を目的とした「制御システムベンダーセキュリティ情報共有タスクフォース」を発足した。

同組織は、制御製品や制御システムのベンダー、SIer、研究者を対象に、JPCERTが蓄積したセキュリティ関連情報を提供するもの。

JPCERTは、制御システム分野におけるセキュリティ対策や評価などは整備段階にあるとし、今後情報収集などの負担増大が予想されると指摘。今回設立したタスクフォースを通じてニュースや調査報告などの情報提供を行うほか、技術者など参加者の意見も踏まえた上で、積極的に活動していくという。情報配信は月1回ほどで定期会合の開催も予定している。

参加者は、JPCERTが2月18日に開催した「制御システムセキュリティワークショップ2009」で希望者を募集しており、今後は既存メンバーの紹介を通じて登録していくという。参加費は無料。

JPCERTコーディネーションセンター
http://www.jpcert.or.jp/

(Security NEXT - 2009/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
10月以降、「DreamBot」の感染被害が拡大 - リンク付きメールに注意
MS、2017年最後の月例セキュリティ更新 - 脆弱性32件を修正
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「Adobe Flash Player」にセキュリティアップデート - 深刻な脆弱性は含まれず
Apple、「macOS High Sierra 10.13.2」などであわせて脆弱性22件を修正
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
行政書士試験の一部答案用紙が所在不明に