Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

第1回日・ASEAN情報セキュリティ政策会議が開催 - ビジネス環境整備目指す

第1回日・ASEAN情報セキュリティ政策会議が今月24日、25日に都内で開催される。

東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国での日本国内企業における経済活動が活発化する一方、情報セキュリティへ配慮した環境整備が不可欠となっており、こうした問題に対して、同会議では各国高級事務レベル間の意見交換を行うもの。

内閣官房情報セキュリティセンター、経済産業省、総務省およびASEAN諸国の局長、審議官クラスの代表者が参加。さらに日本経済団体連合会、電気通信事業者、情報セキュリティ関連機関など民間からの参加も予定されている。

情報セキュリティ面におけるビジネス環境の整備のほか、帯域を圧迫する迷惑メールへの対応など情報通信インフラの信頼性向上などテーマとして取り上げられる予定で、具体的な対策を盛り込んだアクションプランの採択を目指している。

(Security NEXT - 2009/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
世界で68%の企業がサイバー攻撃被害を経験 - 日本は24%
ネットサービス事業者による個人情報収集に76%が「懸念」 - 公取委調査
「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
「コード決済」のクレカ不正利用防止対策でガイドライン
「サイバー・フィジカル・セキュリティ対策フレームワーク」策定 - 経産省
ウェブアプリケーションフレームワーク「Symfony」に複数の脆弱性
業務支援ツール「Confluence」にあらたな脆弱性 - 既知脆弱性の悪用被害も