Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MS09-002」に対する複数攻撃を確認 - IPAが注意喚起

2月にマイクロソフトが対応した「Internet Explorer 7」の脆弱性「MS09-002」に対する攻撃が発生している問題で、情報処理推進機構(IPA)が注意喚起を行った。

問題の脆弱性は、「IE 7」で細工したウェブサイトを閲覧した場合、リモートでコードが実行されるおそれがあるもの。 旧バージョンである「同5」「同6」は影響を受けない。

同機構では、すでに国内において脆弱性に対する攻撃を複数確認していることを明らかにしており、修正プログラムの適用を呼びかけている。

情報処理推進機構(IPA)
http://www.ipa.go.jp/

(Security NEXT - 2009/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Wi-Fi利用者や提供者向けセキュガイドラインに改訂版 - 総務省
自宅で個人情報を保持して外部漏洩、職員を懲戒免職 - 弘前市
macOSにアップデート - iOS脆弱性の修正とあわせて公開
マスク販売の当選メールで宛先が流出 - プログラム不具合で
「iOS 13.5.1」など公開 - 脱獄可能となる脆弱性を修正
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
Firefox 77、重要度「高」5件含む脆弱性8件を修正
「メルカリ」を装うフィッシング攻撃 - 「出品取り下げ」などと不安煽る
特別定額給付金の通知書に他人の口座情報 - 取手市
アンケートサイトで不正ログイン - ポイントの不正交換も