Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データベースのセキュリティをチェックできるサービス - DBSC

データベース・セキュリティ・コンソーシアム(DBSC)は、データベースのセキュリティレベルを簡易診断できるサービスを開始した。

今回公開された「DBセキュリティ安全度セルフチェック」は、36項目の設問に回答することにより、データベースのセキュリティ対策状況が確認できるサービス。同コンソーシアムが公開している「データベースセキュリティガイドライン」をベースに、DBセキュリティ安全度セルフチェックワーキンググループが製作した。

回答結果から、セキュリティが未対策の部分において想定されるリスクや対策状況について確認したり、同業種や同規模組織と対策状況を比較することもできる。

090227dc3.jpg
チェック結果は項目ごとのレーダーチャートで表示される

第4回データベース・セキュリティ・コンソーシアムセミナーで解説を行ったワーキンググループリーダーであるラックの須田堅一氏によれば、今後はサービスを通じて得られた回答を統計、分析したデータの公開やさらなる使い勝手の向上などを計画しているという。

090227dc2.jpg
WGリーダーの須田氏

(Security NEXT - 2009/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「オフィス宅ふぁいる便」が機能強化 - 最大3Gバイトまで送信可能に
インシデントや委託先の管理を支援するサービス - GRCS
AI導入のガバナンス構築やリスク評価を支援 - PwCあらた
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
NRIセキュア、特権ID管理製品に新版 - 自動遮断やマルチテナントに対応
「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス
パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
仮想通貨取引所向けのセキュリティ評価サービス - ニュートン
ネットエージェント、「不正従業員調査サービス」を提供開始
EMCジャパン、GRCプラットフォームに新版 - GDPR対応を支援