Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データベースのセキュリティをチェックできるサービス - DBSC

データベース・セキュリティ・コンソーシアム(DBSC)は、データベースのセキュリティレベルを簡易診断できるサービスを開始した。

今回公開された「DBセキュリティ安全度セルフチェック」は、36項目の設問に回答することにより、データベースのセキュリティ対策状況が確認できるサービス。同コンソーシアムが公開している「データベースセキュリティガイドライン」をベースに、DBセキュリティ安全度セルフチェックワーキンググループが製作した。

回答結果から、セキュリティが未対策の部分において想定されるリスクや対策状況について確認したり、同業種や同規模組織と対策状況を比較することもできる。

090227dc3.jpg
チェック結果は項目ごとのレーダーチャートで表示される

第4回データベース・セキュリティ・コンソーシアムセミナーで解説を行ったワーキンググループリーダーであるラックの須田堅一氏によれば、今後はサービスを通じて得られた回答を統計、分析したデータの公開やさらなる使い勝手の向上などを計画しているという。

090227dc2.jpg
WGリーダーの須田氏

(Security NEXT - 2009/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
日本CA、特権アクセス管理ソリューションを国内向けにリリース
日立とNEDO、多層的な監査で異常検知する新技術 - 制御システム向けに提供
「セキュリティ知識分野人材スキルマップ2017年版」が公開 - 「ITSS+」と連携強化
IBM、SOCサービスを強化 - マルチベンダー対応の監視サービス
ネットワーク上の感染端末を検知するツール - セキュアブレイン
JASA、情報処理安全確保支援士向けに資格コース - 監査人補を取得しやすく
DNP、アプリの公開時から公開後までセキュリティ機能を高めるサービス
KPMGとラック、サイバーセキュリティ経営の支援ソリューションで協業
富士通BSC、誤送信対策ソフトに添付ファイルの削除機能など追加