Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生徒や卒業生など約4200人分個人情報を紛失、盗難か - 立命館中高

立命館中学校および同高校において、在校生や卒業生、教職員に関する個人情報が保存されたハードディスクの紛失が発生した。盗難の可能性が高いとして、警察へ被害を届けている。

所在がわからなくなっているのは、両校で理科を担当する教諭が校内で使用していた外付けハードディスク。同教諭が担当する生徒329人分のレポート評価や、2000年から2007年度に担当していた科目の成績関連のデータなど1250件が保存されていた。

さらに2008年度の全生徒1707人分の氏名およびクラス番号、卒業生2378人分の氏名および住所、2002年度在籍の教職員115人分の氏名、住所、電話番号などの個人情報も含まれる。ハードディスクにパスワードはかけられていなかったが、一部ファイルには設定していたという。

同教諭は、2月6日夜に理科教員室内のパソコンにハードディスクを接続して使用。業務終了後に接続したまま部屋を施錠して帰宅したが、翌朝出勤した際には見あたらなかったという。その後も発見できなかったことから9日に被害届を提出した。両校では、関係者に説明と謝罪を行うとともに、問い合わせ窓口を設置して対応する。

(Security NEXT - 2009/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
音楽教室生徒の個人情報が盗難被害 - 河合楽器
患者情報約3600件を含むHDDなど紛失 - 宇治市の病院
学生の個人情報含むPCが海外で盗難被害 - 長岡技術科学大
COP24会場でUSBメモリとPCが盗難か、PW記載した書類も - 環境省
患者情報含む書類が車上荒らしで盗難 - 香川大付属病院
マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市
患者情報が記録されたHDDが所在不明 - 徳島市民病院
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社