Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Yahoo!」のフィッシング攻撃再び - サイト自ら注意喚起の記載

「Yahoo! Japan」のフィッシング詐欺が発生しており、フィッシング対策協議会は注意を呼びかけた。

オークションサイト「Yahoo! Auction」を偽装したフィッシング攻撃が発生しているもの。問題のメールは「重要なお知らせです」というタイトルで送信され、会員情報の更新を求める内容で、更新を行わない場合は出品制限など不具合が発生するとして煽り、偽サイトへ誘導する。

誘導先であるフィッシング詐欺サイトには、本物のサイトに見せかけるため、「Yahoo! JAPANを装ったメール、偽の情報登録ページを用いてお客様の個人情報を不正に聞き出す事例が報告されています」などとして、自らフィッシングサイトに注意を促す記載を行っていた。問題のサイトはすでに閉鎖されているという。

(Security NEXT - 2009/02/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

偽「NHK」からのメールに注意 - 有料配信サービスの利用請求を偽装
「会員情報変更」を装う偽楽天メール、11月6日ごろより増加
偽bitFlyerによるフィッシング攻撃 - 「アカウント凍結」で不安煽る
LINEを装う「雑な」フィッシング攻撃が発生
「アカウントで利用規約違反」と不安煽る偽Amazonに注意
Apple装うフィッシングが再発 - 「Apple IDをロック」とだます手口
「Apple IDが10月13日に失効」と不安煽るフィッシング攻撃に注意
OMCカード会員狙うフィッシング - 約1年3カ月ぶりの注意喚起
架空請求書でだます偽Amazon - キャンセル手続き装いつつクレカ情報要求
「24時間以内に対応しないとアカウント無効」 - 不安煽る偽Apple