Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経産省、個人情報保護に関する実態調査を展開 - 業種規模問わず回答を募集

経済産業省は、個人情報保護の取り組みに関する実態調査を実施している。回答期限は2月18日。

今回実施されているアンケート調査は、個人情報保護法やガイドライン、プライバシーマークの認知度や個人情報の保有状況をはじめ、個人情報保護対策、個人情報保護に対する意識などについて調べているもの。経済産業分野だけでなく、業種や事業規模を問わず幅広い事業者からの回答を受け付けている。

ノルドが同省より委託を受けインターネット上で実施しており、調査結果は統計処理を行い、回答者を特定できないよう処理された上で個人情報保護の施策や事業の支援活動などに活用される。

同アンケートは、ウェブサイト上から回答する形式だが、アンケート票がPDFでも公開されているため、事前に設問内容を確認することが可能。また回答内容により個別に企業が指導されたり、処分されることはないとしている。

(Security NEXT - 2009/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
2016年度のSIEM市場は39.8億円 - 前年度比13.7%増
パーソナルデータを利活用する「情報銀行」の実証実験 - DNP
2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
2017年3Qのネットバンク不正送金、法人で被害額が増加
消費者の7割「情報漏洩が発生した企業との取引をやめる」 - 9割超が法的措置検討
ICクレカ保有者は71.8% - 非対応店舗に否定的な印象も
445番ポートへのパケットを継続して観測、「WannaCrypt」の影響収束せず
6割超の企業がOSSのポリシーを策定せず、4割がOSSの管理者不在