Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経産省、個人情報保護に関する実態調査を展開 - 業種規模問わず回答を募集

経済産業省は、個人情報保護の取り組みに関する実態調査を実施している。回答期限は2月18日。

今回実施されているアンケート調査は、個人情報保護法やガイドライン、プライバシーマークの認知度や個人情報の保有状況をはじめ、個人情報保護対策、個人情報保護に対する意識などについて調べているもの。経済産業分野だけでなく、業種や事業規模を問わず幅広い事業者からの回答を受け付けている。

ノルドが同省より委託を受けインターネット上で実施しており、調査結果は統計処理を行い、回答者を特定できないよう処理された上で個人情報保護の施策や事業の支援活動などに活用される。

同アンケートは、ウェブサイト上から回答する形式だが、アンケート票がPDFでも公開されているため、事前に設問内容を確認することが可能。また回答内容により個別に企業が指導されたり、処分されることはないとしている。

(Security NEXT - 2009/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高専生や専門生を対象としたセキュリティコンテスト - MBSD
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
「Windows 10」利用者が5割超に - 一方で旧版アプリを半数以上が利用
ネット検索が危険なセレブ - 首位は初のオーストラリア出身
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
外部委託先を6割弱が「Excel」で管理 - 「紙」は31.9%
クラウド利用のセキュリティポリシー、策定するも遵守に不安の声
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
暗号化の動機、「知的財産の保護」が6割 - 脅威は「従業員のミス」が最多
2018年2Qの不正送金被害は2.4億円 - 法人個人いずれも増加