Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経産省、個人情報保護に関する実態調査を展開 - 業種規模問わず回答を募集

経済産業省は、個人情報保護の取り組みに関する実態調査を実施している。回答期限は2月18日。

今回実施されているアンケート調査は、個人情報保護法やガイドライン、プライバシーマークの認知度や個人情報の保有状況をはじめ、個人情報保護対策、個人情報保護に対する意識などについて調べているもの。経済産業分野だけでなく、業種や事業規模を問わず幅広い事業者からの回答を受け付けている。

ノルドが同省より委託を受けインターネット上で実施しており、調査結果は統計処理を行い、回答者を特定できないよう処理された上で個人情報保護の施策や事業の支援活動などに活用される。

同アンケートは、ウェブサイト上から回答する形式だが、アンケート票がPDFでも公開されているため、事前に設問内容を確認することが可能。また回答内容により個別に企業が指導されたり、処分されることはないとしている。

(Security NEXT - 2009/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
ネット上の行動、親子で定期的に話す15% - グローバルと大きな差
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
安全なデータ利活用の企業実態について報告書 - IPA
75%がAI活用セキュリティツールを導入検討、一方利用者6割は「導入の意味知らず」
IPA、早期警戒パートナーシップガイドラインの改訂案 - 脆弱性取扱を法的側面から整理
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
2018年4Qクレカ不正被害は69.3億円 - 前四半期比36.7%増