Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

経産省、個人情報保護に関する実態調査を展開 - 業種規模問わず回答を募集

経済産業省は、個人情報保護の取り組みに関する実態調査を実施している。回答期限は2月18日。

今回実施されているアンケート調査は、個人情報保護法やガイドライン、プライバシーマークの認知度や個人情報の保有状況をはじめ、個人情報保護対策、個人情報保護に対する意識などについて調べているもの。経済産業分野だけでなく、業種や事業規模を問わず幅広い事業者からの回答を受け付けている。

ノルドが同省より委託を受けインターネット上で実施しており、調査結果は統計処理を行い、回答者を特定できないよう処理された上で個人情報保護の施策や事業の支援活動などに活用される。

同アンケートは、ウェブサイト上から回答する形式だが、アンケート票がPDFでも公開されているため、事前に設問内容を確認することが可能。また回答内容により個別に企業が指導されたり、処分されることはないとしている。

(Security NEXT - 2009/02/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

6割強がGDPRを理解せず - 半数以上で過去に域内個人情報が流出
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
IoTセキュリティのガイドラインなどを整理したハンドブック - JNSA
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
「Memcached」によるDDoS攻撃、3月に約4000件 - 攻撃は1年以上前から