Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

第2次情報セキュリティ基本計画が決定 - 第1次計画の評価は「可」

「情報セキュリティの日」の翌日にあたる2月3日、情報セキュリティ政策会議により第2次情報セキュリティ基本計画が最終決定した。2006年より進められてきた第1次計画が2008年度で計画年限を迎え、2009年度以降は第2次計画に基づきセキュリティ政策が進められることになる。

今回の最終決定にあたり2008年末から2009年1月にかけてパブリックコメントが実施された。一部表現の適正化や用語説明の追加など行われたが、内容の修正はなく原案のまま決定している。

内閣官房情報セキュリティセンターでは、今回の決定を受けて基本計画に関する政策説明会を今週2月4日、メディア向けに開催した。説明会では内閣参事官の関啓一郎氏、伊藤毅志氏、上原仁氏、滝野義和氏と情報セキュリティ補佐官の山口英氏が出席し、質問を交えながら詳細について説明が行われた。

(Security NEXT - 2009/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブ改ざんへの政府対応、サーバ集約を加速
セキュア・ジャパン2009の実施状況、8割強が予定通り
NISC、「セキュア・ジャパン2010案」が決定 - パブコメ募集を開始
「国民を守る情報セキュリティ戦略」が決定 - マルウェア解析の適法化や税共通番号制なども視野に
政府、「情報セキュリティ月間」を新設 - セキュリティ対策の啓発を推進
「事故前提社会」目指す「セキュア・ジャパン2009」が決定
2009年は「事故前提社会の自覚」の時期 - 「セキュア・ジャパン2009案」のパブコメが開始
都内イベントで「事故前提社会」目指す政府の取り組みを紹介
2009年度以降の情報セキュリティ戦略で意見募集 - NISC
「真の情報セキュリティ先進国目指す」 - 情報セキュリティの国際化対応で政府報告書