Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

滞納額など個人情報含む書類を一時紛失 - 大阪市水道局

大阪市水道局今里営業所において、顧客情報13件が記載された書類の紛失が発生した。住民が書類を発見し、翌日返還されたという。

一時紛失したのは、未収情報13件をはじめ、催告書や業務相談票、納入通知書、水道料金等催告納入通知書など個人情報13件が記載された水道料金未納者に関する書類21件。2月2日16時30分ごろ、未納整理業務の担当者が、原付自転車で生野区内を移動する際にバインダーごと落として紛失した。

利用者の住所、氏名、滞納額など個人情報が含まれており、同局では3日に事故を公表。関係者に対して説明や謝罪を行っていたが、現場で住民がバインダーを拾得したとの連絡を受け、同日すべての書類を回収したという。

(Security NEXT - 2009/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

生活保護関連の個人情報含む名簿を紛失 - 柏市
国保の差押予告通知に別人宛の文書を同封するミス - 舞鶴市
水道料金未納者の個人情報含む帳票を職員が紛失 - 都水道局
水道料金未納者の個人情報含む「督促作業票」を紛失 - 新潟市水道局
国民健康保険未納者に対する催告書を紛失 - 横浜市
国民健康保険料の徴収リストを酒に酔って鞄ごと紛失 - 堺市
健康保険料未納者の個人情報含むリストを紛失 - 横浜市泉区
市税未納者に関する書類がコインロッカーから盗難 - 横須賀市
督促はがきに保護シールを貼付せず送付 - 東京社会保険事務局
医療費の滞納状況など記載した書類を紛失 - 東京都立神経病院