Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

講習受講者の個人情報入りPCが消防局庁舎内で所在不明に

新潟市消防局において、講習受講者の個人情報を保存したノートパソコンが所在不明となっている。

防火管理者資格付与講習会で使用しているPCが、消防局庁舎内において所在不明となっているもので、1月26日に判明した。氏名や勤務先、生年月日など最大185人分の受講者に関する個人情報が保存されている可能性があるという。

問題のPCは、23日の講習会で利用されたのち、翌24日に消防局庁舎の地下倉庫で一時保管されていたが、26日になって紛失が判明した。同局では関係者に対して文書で謝罪。警察へ被害を届けている。

新潟市消防局
http://www.city.niigata.jp/info/shobo/

(Security NEXT - 2009/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

保育施設保護者向け書類を誤配布、国保免除申請書の紛失も - 高槻市
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
アイ・オーNAS管理サービスへの不正アクセス、複数サーバに痕跡
メール送信ミスで顧客のメアド流出 - ヒューマックスシネマ
「お名前.com」管理ツールに脆弱性、顧客2件で不正アクセス
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
コインチェック、情報流出懸念の対象件数を修正 - 送金サービスを再開
ビットバンクでもドメイン情報改ざん - 取引所とは別ドメイン
5件のセキュリティ修正含む「Chrome 83.0.4103.97」が公開 - iOS版でも脆弱性に対処
事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協