Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

講習受講者の個人情報入りPCが消防局庁舎内で所在不明に

新潟市消防局において、講習受講者の個人情報を保存したノートパソコンが所在不明となっている。

防火管理者資格付与講習会で使用しているPCが、消防局庁舎内において所在不明となっているもので、1月26日に判明した。氏名や勤務先、生年月日など最大185人分の受講者に関する個人情報が保存されている可能性があるという。

問題のPCは、23日の講習会で利用されたのち、翌24日に消防局庁舎の地下倉庫で一時保管されていたが、26日になって紛失が判明した。同局では関係者に対して文書で謝罪。警察へ被害を届けている。

新潟市消防局
http://www.city.niigata.jp/info/shobo/

(Security NEXT - 2009/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セミナー案内メール送信ミス - 茨城県科学技術振興財団
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
連番URLで他顧客情報が容易に閲覧可能 - 大東建託
2021年2月に「制御システムセキュリティカンファレンス」開催 - CFP開始
6月のDDoS攻撃、前月比約1.5倍に - IIJレポート
リフォーム情報サイトのメルアカに不正アクセス - スパム踏み台に
WordPressの人気テーマ「Divi」に深刻な脆弱性
イベント主催者の個人情報が流出、共有ファイル内のデータに気づかず
中堅企業のセキュ対策投資、新コロ拡大後22.9%増
新型コロナ便乗サイバー攻撃、3カ月で40倍