Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で「2ちゃんねるビューアー」利用者のメールアドレスが流出

2ちゃんねるの過去ログやスレッドを読むためのサービス「2ちゃんねるビューアー」の利用者に関するメールアドレスが、メールの誤送信により外部へ流出したことがわかった。

同サービスは、N.T.Technologyが提供しているもので、国内では同社よりゼロがサポート業務について受託して運営している。

同社によれば、1月30日に同サービスの利用者に対して自動更新を案内する連絡メールを送信したが、その際に誤ってメールアドレスを「CC」に記載したため、関係ない別の利用者からメールアドレス600件が確認できる状態になった。メールアドレス以外の個人情報は含まれないという。

同社では、対象となるユーザーに対して事情を説明し、謝罪する内容のメールを送信。誤送信したメールの削除を依頼した。また、再発防止策について検討を行い、後日報告するとしている。

(Security NEXT - 2009/02/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

登山情報サイトに不正アクセス - 会員へのフィッシングメールから判明
情報提供メール誤送信で派遣登録者のメアド流出 - ランスタッド
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 上光証券
サービス案内メール誤送信で顧客のメアド流出 - 人材支援サービス会社
採用情報の案内メール誤送信でメアド流出 - 瀬戸内市
顧客情報が保存されたレジが盗難 - 古着リサイクルショップ
操作ミス重なりメール誤送信でメアド流出 - 横浜市
メール誤送信で製品モニター応募者のメアド流出 - 大王製紙