Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

印刷会社が未使用の電気料金請求書4万枚を紛失 - 北海道電力が注意喚起

北海道電力は、印刷会社が未使用の電気料金請求書4万枚を紛失したと発表した。

同社によれば、紛失した請求書は、口座振替で電気料金を支払う顧客向けに利用しているものでダンボール20箱分に上るという。未使用のため個人情報などは記載されていない。

倉庫に保管していた印刷会社は、管理状況などから誤廃棄した可能性が高いと説明しているが、北電では外部へ持ち出された可能性もあり、悪用されるおそれもあることから公表した。

同社では今回紛失した請求書では訪問や集金は行っていないと説明。同社の従業員や集金員、調査員などが訪問した際は身分証明書を確認し、不審な訪問や集金を受けた場合は同社まで問い合わせてほしいと注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/01/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

特別支援学校でデジカメ紛失、生徒画像を保存 - 埼玉県
顧客情報含む書類が所在不明、集荷後に紛失か - キリン堂
預り内容など顧客情報含む受取書が所在不明 - 青い森信金
国保加入者情報入りUSBメモリが3月以降所在不明 - 所沢市
顧客情報記載の書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 道銀
未収期間など受信契約者の個人情報含む帳票を紛失 - NHK
「スリープモードは脆弱」 - HDD暗号化済みPC内部へアクセス可能となる問題が判明
決裁文書を紛失、決裁はすでに完了 - 国土地理院
小学校で児童の個人情報含む私用USBメモリを紛失 - 尼崎市
DV被害者による住民票開示制限申出書を紛失 - 横浜市