Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「情報セキュリティ白書2009」の出版事業で公募 - IPA

情報処理推進機構(IPA)は、2009年版の「情報セキュリティ白書」を取りまとめた。同機構では出版事業者を公募している。

2009年版を出版するにあたり、編集から印刷、販売促進まで業務全般を実施する事業者を企画競争により募集しているもの。締切は2009年2月5日で、電子申請により受け付けている。

同機構では、利用者や供給者、制度などセキュリティに関する調査結果や動向、課題、展望などを取りまとめ、毎年「情報セキュリティ白書」として発行。2008年版は出版だけでなく、収録した一部コンテンツ「10大脅威 ますます進む見えない化」をウェブサイト上で公開するなど啓発活動を展開している。

(Security NEXT - 2009/01/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IPA学生向けセキュリティ啓発コンクールで受賞作が決定 - 学校39校が特別賞
【書籍】IPA、「情報セキュリティ白書2014」を発行 - 電子版もリリース予定
標的型攻撃やスマホなどあらたな課題を収録「情報セキュリティ白書2012」
情報セキュリティの動向を収録した「情報セキュリティ白書2009」が出版
IPAが2008年10大脅威を発表 - 「多様化する脅威へ立場に応じた対策を」
ネット10大脅威の1位は? - 「情報セキュリティ白書2008」の一部が公開
動向分析や参考資料を収録した「情報セキュリティ白書2008」 - IPA
セキュリティ上の脅威不可視化が経済事犯に拍車 - 情報セキュリティ白書
SQLインジェクションの概要や対策をまとめた資料を公開 - 警察庁
2005年の脅威第1位は「SQLインジェクション」 - IPA